ReStart

青のシグナルが赤へとかわり一人のアークスがコールドスリープより目覚める
pso20160220_192820_004.jpg
ライル:・・・そうか、およそ2年経過してるのだな

現在の時間を確認し現状を整理する

???:おはようございます、リーダー

突如回線より聞きなれた声が聞こえる

ライル:おはよう、ティノ

ティノ、と呼ばれた女性がライルに回線で話を続ける

ティノ:リーダーはまわりのアークスより良く眠られてました

眠らされてた、という事か・・・2年という設定に細工をされたのだろう

ライル:しかたないな・・・こちらからでは手の打ちようがない

ティノ:そうですね・・・それでは失礼ながらコールドスリープ後の意識確認のため簡単な質問を3つ程させていただきます

ライル:必要ない、といいたいが・・・ティノの仕事のうちだ、付き合おう

ティノ:それではまず・・・名前と所属部隊をお答えください

ライル:ライル=アーシア・・・特殊事態執行部隊所属、だな

ティノ:結構です、それでは次の質問・・・年齢と現在在中している艦の名前をお答えください

ライル:スリープ前は20歳だったな・・・在中艦は3番艦【ソーン】だ

ティノ:結構です、では・・・家族構成をお願いします

ライル:父と母、後は・・・真面目で口うるさい妹が一人いる

ティノ・・・結構です、最後に・・・ユキナ様は・・・?

ライル:・・・気品に溢れ・・・そして雪のような儚さを纏った女性・・・彼女の前ではどんな鉱石・宝石も霞むであろう・・・美しい・・・

ティノ:・・・・

回線の向こう側からため息が聞こえる

ライル:・・・そっちから問いかけてその反応はないだろう・・・それに3つではなく質問が4つだったぞ?

ティノ:3つ「程」でしたので誤差です、口うるさくて大変申し訳御座いませんでした、リーダー

ライル:ティノは厳しすぎるんだよ・・・それでは男がよってこないぞ?

ティノ:それで結構です、後リーダー暴言を少々よろしいでしょうか?

ライル:・・・それは戻ってから聞く、そろそろ仕事の話に戻ろう

ティノ:畏まりました、細かい報告は後にして・・・優先して報告する事が2点あります

ライル:ん、頼む

そう応えると二人は秘匿コードに切り替える

ティノ:まずは・・・イルマ様の兄、クラウス様やリノ様の情報が完全にブロックされました

ライル:・・・だろうな、あの件に関しては出撃に申請等も出したし尻尾を掴みに行きますと公言したようなものだからな・・・

その前になんとかしたかったが、と心の中で呟く

ティノ:この件に関しては現在も調査はしていますが・・・多少揺さぶらないと進展は難しいでしょう

ライル:了解した・・・揺さぶる手段はまたこちらで考えよう

再スタート、しかも今度は向こうもかなりガードを固くしているはずだ・・・困難極まりないだろう

ティノ:もう1点は・・・こちらは吉報ですね、リーダーが以前制圧した工場の件です

ライル:他に稼動している「イプシロン」の消息が判明したか?

ティノ:はい、稼動が確認されてる3機これで全て判明した事になります

ライル:よし・・・まずはこちらから手を広げていこう

ティノ:では召集をかけます

ライル:・・・いや、それは明日でいい、今日はこの目でいくつか確認しておきたいことをすませてくる

ティノ:・・・わかりました、リノ様にも会いにいってあげてください。この2年間何度もここにいらっしゃってたので

ライル:そうだな・・・そのつもりだ、ティルト君との約束もあるしな

ティノ:それでは何かありましたらお声かけお願いします、リーダー

ライル:あぁ、ありがとう

そう言って通信を終了する

ライル:さて・・・寝過ごした分しっかり動くか


今度こそ真相へ辿りつく為、2年ぶりにその足を踏み出した。



【中の人より】





  • 最終更新:2016-04-09 19:18:36