C小隊・緊急ミーティング


C小隊・緊急ミーティング

このページの主旨

このページは現在(2015/05/16)、C小隊が抱えている問題・現象を
部隊の集会内でまとめたものである。

と言いましたがざっくり言えば総集編です!

グリムさんがダーカーを摂取して(文字通り食べて)身体に変調を来たして任務先で倒れた事件

概要
5/7の出来事

以前から慢性的な空腹に悩まされていたグリム。
特にダーカーを観ると異常な空腹感に苛まれるようで、遂にミクダを摂取。
(なお、この時はグリムはヒューマンつまり生体部品が多い状態であった)

その後、グリムからチーム回線に救援要請があり、
駆けつけてみるとダーカーを食べたグリムさんが倒れていた。
本人は当時「目の前が真っ暗になって、腕がなくなったように感じて、助けを呼んだ」
と当時を振り返っている。

この時、隊員の一部からグリム本人が目の前が暗くなってるときに、
「アイツを返せ、グリムを返せ、友達を返せ」
と発言していたという記録も残されている。

グリムはメディカルセンターに運ばれたものの、特に身体や不調・侵食の類はないという診断が出た。

なおグリム本人について。
本人はアークスになる前の事は覚えておらず、不明。


カナミレイさんのお姉さんが現れた事件

「鹿波 麗霧(通称レム)」という女性が来訪。
本人が妹だと言う「カナミレイ」を連れ帰ると発言。
さらにはコトと場合によって、カナミレイを攫うとまで言ったもの。
またたまたま居合わせたローザに対して
「美味そう、酒の肴になりそう」と発言している。
(隊員によると「完全な悪人・・・という訳ではないがどこか危険な雰囲気を感じた」と言っている)
容姿は頭に大きな一本の角があり、瓢箪のお酒を飲んでいた模様。
デューマンの男性に特徴は似ているが、それよりもジャポネ系文化にてよく見られる
「妖怪」という架空上の生き物である「鬼」を連想させる、という見方もある。


警戒した隊員より
「かなみさんにこの事を話して、会いたいって言ったら会わせます」とレムには伝えられた。

後日、カナミレイに訪ねたところ、「レムに会ってみたい」と言っている為、
今度機会を作って会うものとした。
(但し前述のように警戒している為、隊員も同行すべきと判断される)



イルマさんの知り合いが現れた事件

事の発端はイルマの知り合いが通信に割り込んできたことから。


その子の名前は・・・と言い、イルマの兄の親友の妹であり、またイルマの友達でもあった。
しかし10年前にアークスシップがダーカーに襲撃された事件の後、別のシップで暮らしていて会っていなかったという。

その子が最近アークスになり、イルマのところに訪ねてきた。

そして彼女は「自分の兄は、イルマの兄に殺された」と発言する。
10年前にアークスシップがダーカーに襲撃された時、イルマの兄は錯乱して味方を襲ったのだと。

それを言い放った次の日、ドミナに通信機を取られ割り込んだのだという。
そして「アークス殺しの妹をチームに入れて、白い目で見られても知らないぞ」と言い放つ。


なおイルマの母は、イルマ本人には内緒にしていたものの、兄が起こした事件を知っていたという。
肝心のイルマの兄は、イルマを庇って亡くなっている為、どのような人物であったかは不明。

この出来事については、当時の通信ログが残っているため、そちらもあわせて参照されたし。


シャロンさんに尻尾が生えた事件

本人曰く、気がついたら生えてきたという。
シャロンは元ヒューマンであり、過去に大怪我を負い、
その際にキャストとなった。その為、尻尾との関連は薄いはずだがなぜ生えてきたのかは詳細不明。

※日誌にちょっと6/13の現状をまとめたので、参考にどうぞ(by:nc_nl)

  • 最終更新:2015-09-15 10:17:35