練り物戦隊 チクワータ

ねぇ、父さん。僕はお父さんの子供だよね?
     機械仕掛けの少年は、父の背中を見ていた。

【キャラクター名】練り物戦隊 チクワータ
【ゲームID】
【性別】♂ちくわ
【年齢】3歳(製造日から)
【種族】ちくわ製造機、オラクルではキャストと同じ扱い(しかし、体は100%機械である為、完全なキャストとは言えない)
【メイン職業】バウンサー
【接続時間】夜8時以降
【性格】中の人温厚、キャラ設定「冷静、機械的な話し方だが、稀に人間らしい喋り方もする」
【好きなコト】情報収集、魚釣り、特撮ヒーロー番組
【嫌いなコト】悪い行い

【生い立ち】

ソーン(シップ3)のちくわ工場にある、ちくわ製造機が突然変異で人型ロボットに変形し、知能を持った。
工場長(博士)は自身の子供の様に可愛がり、平凡な日常が過ぎていった、、、。しかし、悪の食肉加工会社「ギア・シャルキュトリ」の魚肉殲滅プログラムにより、工場長は射殺される。
行き場を失ったチクワータは、バウンサーのサガに拾われる。バウンサーとしての修行の中で、彼は博士の事を思い出す。溢れ出る博士への思い、涙が出ない悲しみ。
いつしか人間になることを夢見る。
そして、始まる、復讐の時。
ギア・シャルキュトリがダーカーとの関係がある事を知り
アークスに入団。後に、表向きは特殊C支援隊の隊員として業を成すが、誰にも悟られぬよう、密かに仇の情報を探っている。

【練り物戦隊とは】
博士に見せられたテレビ番組、「オラクル戦隊 フォトンジャー」からの影響。
正義のヒーローに強い憧れを抱いている。
復讐を決めた時に付けた、自分独自の称号の様なもの。
ちなみに、同じ志の者を五人揃えようと考えている。


【機体が黒い理由】
元々は緑色の体だったが、復讐を決めた際、塗装を塗り替えた。オラクル戦隊フォトンジャーのブラックが好きだったからである。たまにダーカーに見間違われる。

【加工肉会社ギア・シャルキュトリ】
オラクル全土の食材店には必ず並ぶ、市民の昔からの馴染み深い食材「マルモスハム」の製造会社。
最近ではダーカーとの取引があると言う噂も。

博士は、マルモスハムの化学調味料を懸念した論文を発表した為、ギア・シャルキュトリに暗殺される。
ギア・シャルキュトリは莫大な資金力を持っている為、何らかの形で事件を迷宮入りにさせた。
しかし、暗殺の現場にいたチクワータは、暗殺者と博士の会話を聞いていた。


機械仕掛けの少年は、2本の刃を持ち、復讐の時をじっと、待っている...

  • 最終更新:2016-03-19 10:31:56