夢幻(ゆめまぼろし)

音声記録・・・01

随分前の話になっちまったが・・・
覚えてる限りの事を話そう、覚えてる限りの事を
そうだ、言っておかないと、な
どこでどうなるか分かったもんじゃない
明日どうなってるかも分からない、しっかり、記録しておかないと

いつも通り、そう、いつも通りだ
ダーカーを食って、そう、食った
ああ、そうだ。それでいつもなら、そのまま普通に過ごせてたんだ
ハイになって、終わり。それなら何もかもいつも通りだった
よく分からない幻覚だ
そう、まるでよく分からない

意味もないはずなんだ
見た事もないような景色、意味の分からない言葉
ただ、オレはそれを知っていた
確かにオレは知っていた
それが何なのか、までは分からないが、オレは確かに知っていた

何なんだろうな
会社の連中はそれに関して、口を閉ざした
オレに知られてはいけないオレ自身の事?
ふざけるんじゃねぇ
気味が悪いんだよ
オレが知っちゃいけないオレ自身の事?
どんなに辛い事だったとして
どんなに辛い事だったとして、だ
オレには知る権利があるはずだ
他でもねぇオレの事なんだ

何故だ?
誰かにとって都合が悪いのか?
誰かにとって?誰だ?
この記憶が?
オレの存在自体が?
何なんだ
分からねぇ
分からねぇけど・・・

このイライラする感じはなんだ・・・
ムカつくんだ
腹が立って・・・
そう・・・全部
全部!
全部だ!
全部ぶっ壊したくなるんだ!!

~その後数分間、壊し続ける音~


──────────────────────────────────────────────────

・・・つい熱くなっちまった
色々グチャグチャになっててついついやらかしちまった・・・
そうだ・・・落ち着け、オレ・・・

皆が、皆がいてくれる、そうだ・・・。「本当か?」
あの時も、皆が助けに来てくれた。「偶然、って事もある」
頼ってくれていい、って言ってくれたんだ。「言っているだけ、じゃないのか?」
オレも、大丈夫だと思って、皆に頼まないと。
仲間が・・・「いるのか?」
オレにも、仲間がいるんだ・・・!「本当にいるのか?本当に?何があってもそう言えるのか?」
「本当に?本当にか?今は不安でしかない」
そうだ、もうオレは一人じゃない・・・!「と思っておかないと、おかしくなりそうだ」
「どうなるんだ、オレは」


[誰かが追加した音声]


  • 最終更新:2015-09-24 11:45:31