シャロ☆しゃろ♪ラジオ!第一回目

「…この箱…なんですわう?」
キャウが指している箱とは長方形の形のアンテナが付いている機械のことである。いつの間にかに部屋においてあり向かって正面にはなにかカセットのようなものを入れる場所やたくさんのボタンがついておりなにかの機械ということはわかったがその程度のことしかわからないでいた
「わう~…」
よくわからない機械。その機械に興味をもったキャウは次々と機械をいじりだす。そしてボタンを触っていると


「「せ~の、てしてし~!」」


「わふっ!?」
急に上がった声に飛び退くキャウ。今の時間は深夜近く、周りの静けさも相まって心臓の動悸はとても激しいものになっていた

「って…さっきの声…シャロンちゃんですわう?」
そういってベッドのほうをみるキャウ。しかしそこにはシャロンの姿はなく、やはりこの箱から聞こえたものとだと理解する

「でもどうしてこの箱から聞こえたのですワ…?」
ひとまず様子を見るためにまだ続きのありそうなその声を聞くことにした

「ということではじまりました、シャロ☆しゃろ♪ラジオ!なんだか本編では姫様と入れ替わってしまったシャロンです♪」
「わたくしはシャロン=ウル=エルクリート、龍族の姫ですっ。ついに始まりましたねっ!わたくし、すごくドキドキしております!」
「本当に始まってしまいました…すごく不安でいっぱいです。主に姫様が何をするのか…」
「わ、わたくしが不安のたねなのですか!?これでもいろいろと人の上に立つものとしての振る舞いなどは学習してきています、暗心してくださいっ」
「その安心をそのまま受け取ってしまうと暗くなってしまう気がします…と、とにかく頑張りましょう…っ」
「その意気ですっ♪では、本題に戻しまして…コホン、このシャロ☆しゃろ♪ラジオ!では脳内設定すぎてついていけません!なところをある程度わかるようにそれとな~くお話する番組ですっ。なお面倒な設定は省きます!本編でも話しに出る程度でスルーされても構わない部分ですので!」
「ちなみに、ごっちゃになった世界線でのお話なので現実のキャラとは一部違う部分もあったりなかったりするかもしれません。ご了承くださいね?」
「では早速お手紙が届いておりますからそちらを読み上げますね?」
「なんであるんですか!?今日発信されてるんですよ!?」}
「な、なぜといわれましても…現にスタッフの方から『ヒメサマー!コレヲオヨミクダサイ!』と言われて渡されたものですし…きっとあれです!このラジオをやることを知って送ってきてくださった方がいらっしゃるのです!」
「は、はぁ…そうだったら嬉しいですけれど…それにしても白の民みたいな話し方してますね…」
「そんなことはありません!!確かに少し違和感がありましたが…わたくしと同じ龍族の方でした、間違いありません!」
「そこまでいうのでしたら…たしかに疑うなんて良くないですからね。お手紙、読みましょうっ」
「はい♪ではしゃろラジネーム『ミコサマの実った実もいいけどマトイの下乳も捨てがたい』さんから頂きました」
「(絶対にそのスタッフさんが書いたものですよね…)」
「シャロンさん、姫様、ミコサマー、こんにちわ。こんにちわ!いつも楽しみに聞いています。先日、姫様がテレビは一日に何時間見ますか?の答えに十時間と答えたのには驚きました。アークスのお仕事もしているのにどうしてそんなに時間がとれるのか、教えてください…」
「…これ遠回しになにか言っておりませんか!?」
「お、落ち着いてくださいっ、というよりなんだかすごく突っ込みどころの多いお手紙ですね!?」
「た、たしかにこのラジオは今日が初めてですね?でもそんなことはどうでもいいのです!今は重要ことではありません!」
「霧が…といってる場合でもありませんね、は、早く答えてください!会話してる文には早いのですが文字だけ見てる側からしたらここで時間取り過ぎてませんか?ってなってきてます!」
「す、すごい思い切りましたね…ノーコメントです!はい、では始めてしまいましょう!!」
「…は、はい…では、シャロ☆しゃろ♪ラジオ!スタート、ですっ」

#この番組は、よくわからない世界線の方々でお送りしております

「それで、このあとどうすれば良いのでしょうか?」
「ぁ、ええと雑談等をしてからコーナーに入る…のですが少し押しているみたいで…あ、ありがとうございます♪ええとこんなかんじでCMがおわった時に音楽を入れるそうなのでその時にもう入っていいそうです」
「そうなのですね、わかりましたっ。ではもう入ったほうがよろしいのですか?」
「ふぇ……あ……そ、そうですね!ではっ」

「「姫様の言葉、それな~に?」」#音楽も一緒に流れ

「ということでこのコーナーがほぼメインです、これしかありません。脳内設定全開に近い姫様のあんなことやこんなことを色々話してもらい、できるかぎり理解してもらいたい…と思います」
「わたくしも人間様達のいろいろがわかりません!お互い様です!」
「中の人に対してはそういってはいられないのが現実だったりするんです…ではひと通り聞きますね?」
「納得はいきませんがわかりましたっ、さぁどんときてください!」
「エルフとか聞きますがあれは何を指しているのでしょうか?」
「エルフはエルフですけれど?」
「…そ、そうでしたね…大体想定していた通りなので、わかりやすいように絵でお見せしますので言っていってください」
「…バカにされたような気がします…姫ですのに…」
「まずはこれです」#ヒューマンの絵を見せ
「人間様、ですね!」
「つぎはこれです」#ニューマンの絵を見せ
「エルフですよね?」
「次です」#キャストの絵を見せ
「魔導機械の方…ですよね?」
「種族はこれで最後ですね」#デューマンの絵を見せ
「魔族の方ですね。4種族で終わりなのですか?獣人の方などもいた気がしますが…」
「実際の種族では今のところ確認されていない種族ですね。特別な扱いといいますか…正直な話ネコミミなどのアクセをしていれば獣人ってことになりますよね?」
「そ、そうですね、そうなりますけれど…」
「あ、それといい忘れておりました!」#両手をパンと叩きなにかを思い出したかのように
「はい、なんでしょうか?」
「ドワーフの方、いますよね!」
「……ああ、ええとですね、年齢に対して身長が極端にあっていない方はここに分類されるそうです。C隊で当たりそうなのは一人くらいでしょうか?」
「なぜわたくしではなくシャロンが答えているのでしょうか…わたくしがいる意味はなんなのでしょう…」
「…実際のところこんなことせず書いたほうがわかりやすかっただろうなって後悔していたりもします…」
「この企画自体全否定なのですか!?」
「ということで、まとめたものがこちらです」
「うう…もういいです…」


こっち側(こーしき)  竜姫シャロンの世界
  ヒューマン     人間様 他の世界のヒューマン、という扱いのが正しい。姫の世界にもヒューマンはいるがそちらはヒューマンとそのままの名称
  ニューマン     エルフ 魔法に長けており、弓なども扱うよく聞くエルフ。
  キャスト      魔導機械 すごく幅広い意味合いを持っている言葉だったります。
                 精霊、マナ(こちらでいうとPAとか使う際に使うフォトンみたいな物の魔法とかにしか使えない版。
                 万能ではないし原理とか違いますがいろいろできる。こちらではフォトンを使ったものと捉えてください)を使った物は全部これ
  デューマン     魔族  角が生えており、翼が生えてたりいろいろなのがいる。一応デューマンは角があるので魔族ということに。アクセサリで悪魔っぽい衣装とかしても該当される
    (ひこーしき)
  びーすと      獣人  獣の耳や尻尾などが特徴の種族 こっちではアクセサリなどでネコミミ等つけているとこれに該当する
年齢詐欺(ごーほーろり等) ドワーフ 背の小さな種族。男はおっさん、女はごーほーろり。実年齢にたいして幼すぎる、小さいすぎるなどで該当される


「ひとまずこんな辺りでしょうか?」
「…これだすだけでよかったですよね…やっぱりわたくしいりませんでしたよね…」
「こんな形でやりたかった、が一番の理由ですね。あとはないです♪」
「うう…」



「茶番ばかりでまだ種族しか説明していないですが時間になってしまいました。わからないこともまだあると思いますが試しでやってみた、ということが大きいため今回はこれでおわりです♪」
「まだまだ教えてほしいことがあります!などのことがあれば、またやるかもしれませんっ ただその時にわたくしは出られるのでしょうか、とても不安です!」
「今回はミコサマー!の方が送って下さりましたが聞きたいこと、話してほしいことなどがあればぜひ送ってきてください♪でも、できるかは不明、です♪」
「それでは本日は、シャロン=ウル=エルクリートと!」
「シャロンがお送りました♪」

「「せ~の、てしてし~!!」」
#ひと通り音楽が流れ、ブツンと切れると長方形の箱の下に魔法陣のようなものが現れ、消えてしまう

「…スゥ…スゥ…」
そして最後まで聞けなかったキャウキャウなのであった



【中の人より】


それとお便りに関してミリエッタさんから案を頂きました!下のコメントフォームに名前部分はしゃろラジネームを書いて頂いて、内容を書き込んでください!

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 姫様に質問ですっ。とてもファンタジーな世界出身の姫様ですが、もうオラクルの科学文明には慣れたでしょうか?通信機の使い方も覚えたかと思いますので、時々はチーム回線でお声を聞かせてくれると嬉しいです。もっとも、お部屋でゴロゴロしながら通信なんてしようものなら、速攻でお仕事に引っ張り出されそうですが… --- キャウちゃんの尻尾モフり隊 (2015/06/20 14:14:27)
  • ん、早速質問・要望を出させてもらおう。すぐに新しい環境に慣れるのは難しいが慣れようという姿勢があるかみせてもらいたいのぅ・・・ここ最近のアークスとしての戦果レポートを次回発表するコーナーなんてあればよいな。なければ直接部屋にいくまでじゃがな --- ラッピーのお腹モフり隊 (2015/06/22 12:30:24)


  • 最終更新:2015-09-16 01:40:58